クレジットカードの現金化は最後の手段にするべき理由

トップページ
お気に入りに追加
  

クレジットカードの現金化は最後の手段にするべき理由

クレジットカードには大きくわけて、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠は買い物などの決済に使用し、キャッシング枠はお金を引き出すために使用します。

 

この状態でキャッシング枠に余裕があれば、そこからお金を引き出すことが出来ますが、その余裕もない場合に利用するのがクレジットカードの現金化、すなわちショッピング枠の利用です。

 

クレジットカードの現金化を行う場合、まず金券類をショッピング枠を利用して、普通に購入します。

こうすることで、まず金券類が手に入ります。

 

それから、その金券類をクレジットカード現金化の専門業者に持ち込みます。

専門業者は、その金券類を買い取ることで、金券類をお金に換えてくれますが、買い取り価格が額面よりかなり低かったり、手数料を取られたりして、実際に手に入るお金は、かなり割り引かれた金額になってしまいます。

 

消費者金融の審査にも落ちて、今すぐお金が欲しいという人には、メリットがあるかもしれませんが、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の約款で明確に禁止されており、ばれた場合にはカード金額の全額償還を求められるなど、リスクもかなりあります。

 

また、クレジットカード現金化の専門業者を1度でも利用すると、個人情報を渡したのも同然で、ヤミ金融などの会社から違法な融資の電話がかかってくるなど、かなり危険な領域に足を踏み入れたことになります。

 

このように考えると、クレジットカードの現金化はメリットよりもデメリットの方が大きく、極力避けるべきでしょう。