キャッシング審査に合格し易い人、落ち易い人とその対処法は

トップページ
お気に入りに追加
  

キャッシング審査に合格し易い人、落ち易い人とその対処法は

キャッシング審査では年齢や職業、年収などあらゆる属性をチェックしています。
最近ではコンピューターが自動的に属性に対してスコアリングと言う点数化を行っており、すぐに結果が分かります。

 

信用力や返済能力が高いほどスコアリングが高くなり審査に合格し易くなります。
逆に信用力や返済能力が低いほどスコアリングが低くなり審査に落ち易くなります。

 

年齢は20代後半から50代前半までは審査に有利になり易く、20代前半や50代後半以上になると不利になります。
職業は公務員や大企業の社員が有利になり易く、アルバイトやパートだと不利になりますが収入が安定していれば大丈夫です。

 

年収についても同じことが言え、安定していれば審査合格となる事が多いです。
特に合格する人、落ちる人に分かれるのが勤続年数です。
3年以上の勤続年数があると有利ですが1年未満だと不利に、半年以下だとかなり不利になるために勤続年数が足りない方は注意が必要です。
それ程急ぎで無いのなら勤続年数1年以上になるまで待ってからキャッシングにお申し込みすると良いです。

 

貸金業者のキャッシングは総量規制の対象です。
総量規制では個人の方の貸金業者からの借入総額は原則年収の3分の1を超えてはいけないと定めています。

 

借入額が多い方はなるべく返済し、減らしてからキャッシングにお申し込みして下さい。
その他通る人と落ちる人に分かれるのが個人の信用情報です。
キャッシングやローンにお申し込みしたり借入したり返済するとその情報が信用情報に登録されます。

 

過去に何か月も滞納したり債務整理したことがあると事故情報として登録されてしまいます。
キャッシング審査では信用情報もチェックしているため、事故情報があると落ちてしまうので注意が必要です。
事故情報の登録がある方は抹消されるまで待ってからお申し込みして下さい。