大学生がキャッシングを利用する方法について

トップページ
お気に入りに追加
  

大学生がキャッシングを利用する方法について

大学生がキャッシングを利用する方法は主に2つあります。
まずは、キャッシングのサービスを提供している金融機関からキャッシングをすることです。

 

金融機関が融資をする条件としては、20才以上であることと、安定した収入があることが前提条件ですが、この二つの条件を満たしていればキャッシングを利用できる可能性は高いといえます。

逆な言い方をすれば、大学生であっても19才以下であるか、安定した収入がない場合にはキャッシングを利用できる可能性はかなり低いと言わざるを得ません。

 

安定した収入という条件はアルバイトなどでも毎月決まった収入があれば問題ありませんが、親からもらう仕送りは安定した収入とはみなされないと考えたほうがいいでしょう。

 

もう一つはクレジットカードのキャシング枠を利用することです。

最近では大学生でもクレジットカードを持っている人は少なくありませんが、クレジットカードにキャシング枠を設定していれば、その限度額まではキャッシングを利用することができます。

 

クレジットカードを新たに作る場合にも20才以上であれば、かなりのクレジットカード会社のクレジットカードでキャッシング枠を親の同意が必要なく設定することができます。

ただし、利用限度額はクレジットカード会社の審査により決定されます。

 

19才以下であってもクレジットカードは作ることができますが、キャッシング枠を設定することが出来ない場合や設定するには親の同意が必要なことが多いようです。