障害者でもお金が借りられるのか?

トップページ
お気に入りに追加
  

障害者でもお金が借りられるのか?

障害者なので、もし現金がどうしても必要になった時や、まとまったお金を借りる事が必要になった場合は?

どうすれば良いのかを不安を抱える方も少ないと思います。

 

障害者でもお金を借りられるか?と言う答えはYESです。

 

一昔前だと、店頭で申し込みをして、銀行口座に振り込まれたお金を口座振替で・・などと言う手続きが必要だった事もあり、障害者の方はお金を借りる際にもいろいろな障害を感じる事があったと思います。

 

しかし、現在では障害者の方がお金を借りられる方法としては、一般的な金融機関から借りる方法と、生活福祉資金貸付制度を利用するなど、選択する事も出来るのです。

生活福祉資金貸付制度は連帯保証人がいない場合でも1.5~1.6%と言う低金利で借りる事もできます。

 

また一般金融機関でも年金手帳を持っていて、アルバイトやパート程度でも毎月一定の金額の収入を得ている場合は、特に健常者と同じ条件でお金を借りられるのです。

 

ある程度まとまったお金が必要な時は生活福祉貸付金などを利用して、低額の現金の場合は一般金融機関や消費者金融を利用する事が、手続きの面でも簡単でスムーズだと感じます。

消費者金融の場合は、店舗に出向かなくとも、電話やネットなどからも申し込みが出来ます。ネットからでは不安が残るという方は、フリーダイヤルに問い合わせする事をお勧め致します。