中堅どころの消費者金融で借り入れできる人とできない人の違い

トップページ
お気に入りに追加
  

中堅どころの消費者金融で借り入れできる人とできない人の違い

消費者金融の審査はそれぞれ審査基準が違いますので、一概には言えませんが、借り入れを断られるということはなにか理由があります。

借り入れできない可能性がある人は色々とありますが、まずは安定した収入があるかないかです。

 

消費者金融も慈善事業で商売をしているわけではないので、お金を貸したら金利をつけて返済してもらわないと儲かりません。

なので、安定した収入のない人は、審査で落とされてしまう可能性があります。

 

しかし、収入がなくても借り入れできる人もいてます。

それは専業主婦です。

 

消費者金融によって異なりますが、配偶者に安定した収入あれば、収入のない専業主婦でも借り入れすることが可能です。

あと、借り入れできない人の理由としてあげられるのは、金融事故を起こしていないかです。

 

金融事故というのは、消費者金融の返済を遅滞したり、滞納したり、1度でもしてしまうと過去5年間その記録が信用情報機関に残されます。

返済だけではありません。

 

電気や水道料金などの遅滞、滞納や携帯電話料金の支払いなども記録に残ります。

消費者金融は、借り入れ者がちゃんと返済してくれる人なのかを、この信用情報機関で調べてから審査結果を出します。

 

なので、過去に遅滞や滞納をした経験のある人は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

今説明した条件をクリアできている人が借り入れできる人です。過去に遅滞や滞納を1度でもしておらず、安定した収入を得ていることが必須です。

 

しかし、大手消費者金融と中堅どころの消費者金融の違いはここにあります。

安定した収入はないとダメですが、滞納や遅滞をしていても中堅どころの消費者金融はスルーして審査を受からせるところもあります。

 

なぜなら、お金を貸し出さないと消費者金融は利益が上がらないからです。

お金を借りてくれて、少しでも返してもらえる可能性があるのなら過去に遅滞や滞納していても貸し出してくれる消費者金融もあります。

 

そこの考えが違うのが大手消費者金融と中堅どころの消費者金融の違いです。