ファクタリングでの資金調達の実際について

トップページ
お気に入りに追加
  

ファクタリングでの資金調達の実際について

個人経営をしていると資金繰りがかなり厳しくなってしまううことも、ままあることだと思います。

そんな時に資金調達をする方法としては貸金業から融資を受けるというのが今までは一般的でしたが、最近になってファクタリングという選択肢も出てきてからかなり注目されています。

 

ファクタリングはお金を融資するのではなく債権の買取をすることによりお金を安全に調達することができる方法です。

ファクタリングは非常にメリットの多い資金調達法です。

 

ファクタリングは売掛債権を売却する方法なので保証人や担保などが一切必要ありません。

そして審査に関しても銀行などからお金を融資してもらうよりも大幅に審査基準が緩やかですから、今までに仮に債務超過などが発生していても、それが足かせとなってしまい融資を受けられないという事態を招くことはほとんどありません。

 

まさに個人経営者にとっては夢のような資金調達法であることがわかると思います。

さらに他のメリットとして資金調達にかかる日数が非常に短く、ファクタリング会社によっては即日振込をしてくれるところもあるので、すぐに資金が必要という時にはかなり頼れる存在であることは間違い違いありません。

 

非常に魅力的にうつるファクタリングですが、デメリットとしては金利が銀行やノンバンク系よりもやや高めという点があげられます。

ですからファクタリングを利用する際には、これ以外に選択肢が無いという場合に限って利用するのが良いかもしれません。