体験して感じた、スマホ決済はしばらく様子見が正解だと思う理由

トップページ
お気に入りに追加
  

体験して感じた、スマホ決済はしばらく様子見が正解だと思う理由

決済環境における世界情勢を見ても、これから日本でもキャッシュ決済が急速に増えていくことはまず間違いないと思われます。

先進国の中でも日本はキャッシュレス決済が遅れていることが言われていますが、これに業を煮やしたか、どうかはわかりませんが、日本政府の主導でもキャッシュレス決済が推進されます。

 

特に、消費増税時の経済対策としてのキャッシュレス決済策はかなり大きなインパクトを与えるでしょう。

それに呼応するようにスマホ決済のキャンペーンが繰り広げられるようになっており、今までにない盛り上がりを見せています。

 

しかし、私もすでにクレジットカード決済や電子マネー決済だけではなく、スマホ決済も利用してみましたが、既に実績のあるクレジットカード決済や電子マネー決済と比べるとスマホ決済は少し様子を見た方が良いと感じました。

 

大型キャンペーンではスマホ決済のお得感が大きかったのですが、後に不正利用の問題なども出てきたことを考えると、スマホ決済ではシステムがしっかり整っていないと感じられました。

 

それにスマホ決済は電子マネーと比べると購入時における手続きが面倒であることが感じられますし、クレジットカードに比べても特別にスムーズな手続きで決済ができるということも感じませんでした。

 

また来たるべきキャッシュレス社会やスマホ決済社会を標榜した企業のスマホ決済への参入が続いており、すでに10を超えるスマホ決済のプラットフォームがあるためにどのスマホ決済のプラットフォームを使えばいいのか、それぞれのスマホ決済の特徴もまだ見えてきません 。

 

キャンペーンのやっているうちに利用したほうがオトクということも事実ですが、一体どのスマホ決済が実際に最も利便性が高いかお得感が高いかということを見極めてからスマホ決済を導入してもいいのではないでしょうか。